ワーキングホリデーと留学ってどう違うの?どんな人が向いてるの?

ワーホリと留学ってどう違うの?どんな人が向いてるの?
Sponsored Link


海外に長期で行ってみたい!と思った時に、使える制度は実はたくさんあります。

その中でも今回は、「ワーホリ」と「留学」に焦点を当てて、ワーホリと留学の違いについてご説明します!

 

そもそもワーホリってなに?という方は、まずはこちらの記事から!

 

ワーキングホリデーと留学の違いは、ビザの違い

旅行するだけなら観光ビザ、留学するなら学生ビザ、ワーホリにはワーホリビザを使います。

それぞれのビザに様々な特徴やルールがありますので、まずはその違いを見ていきましょう!

 

学生ビザの特徴

  • 学校規定の出席率を下回ったらビザ剥奪!(70%〜100%が一般的かと)
  • アルバイトは禁止、もしくは時間制限が決められている(週20時間以内まで、など)
  • 年齢制限はない
  • 何回でも取得できる

※すべて国や地域、学校によって条件が異なります。

 

というように、あくまで勉強するためのビザなので、学校に通うことが大前提です!

また、ワーキングホリデーが出来ない国でも、学生ビザで留学は可能です。(例アメリカなど)

 

学生ビザを取得するのはこんな人

  • 海外の高校や大学に進学したい
  • 海外の大学で学びたいことがある
  • 語学学校で英語(もしくはその国の言語)を学びたい
  • とにかく海外の学校に通って勉強したい

 

現地でのアルバイトが規制されているので(就労可能だとしても、海外の学校に通いながらアルバイトもするのは相当きついです。)、ある程度の留学費用(学費)を確保できて、勉強に専念したい方向けです。

 

ワーホリビザの特徴

  • 学校に行っても行かなくてもいい
  • 仕事してもしなくてもいい
  • ずっと旅してたっていい
  • ずっとボーーッとしてたっていい
  • 起業したっていい

 

…あれ?こんなんでいいのか?笑

学生ビザに比べて、かなり自由なのがわかりますでしょうか。

 

しかしその分制限も多く、

  • 18歳〜30歳しか申請できない(申請時点で30歳なら渡航時に31歳でもOK)
  • 1カ国1回しか取得できない
  • 国によっては取得人数が制限されている

※こちらも国や地域によって異なります。

 

さらに詳しいワーホリの特徴はこちらの記事で↓

 

ワーホリビザが向いているのはこんな人

  • お金はないけど、長期で海外に行きたい
  • 海外で働いてみたい
  • そこまでがっつり勉強はしたくない
  • 海外で自由に暮らしてみたい
  • ずっと同じ土地に留まらずいろんな土地で暮らしてみたい
  • 海外で自立して暮らしてみたい
  • 海外で挑戦してみたい

 

ワーホリビザでも学校に通って勉強することは出来ますが、最大期間が定められています。(国によりますが数ヶ月〜半年くらい)

英語や現地語を学ぶためにまずは数ヶ月語学学校に行って、そのあと仕事をしたり自由に暮らしたりするのが一般的です。

 

また、現地では無料で語学を勉強できる方法もいくつかあるので、ワーホリでしたら費用をほとんどかけずに、むしろたくさん稼ぐことも可能です。

 

海外に行く方法はたくさんある

今回は「ワーホリ」と「留学」の違いについて説明しましたが、海外に行く方法はまだまだたくさんあります!!

中には費用が一切かからない方法や、日本では出来ない体験が出来るものなど…。

 

さらに、どの方法を使おうと、その海外生活がどうなるかは自分次第!無限大の可能性があります。

ぜひ、ご自身に合った方法をさがしてみてください。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です