【オーストラリアワーホリ体験記】新卒で入社した会社を辞めて、海外へ行ったワーホリメーカーさんにお話を聞いてみました!

オーストラリアワーホリ体験者インタビュー!新卒で入社した会社を2年で辞めて海外へ!
Sponsored Link


記念すべき初回インタビューは、今まさにオーストラリアワーキングホリデー中のMさんにインタビューさせていただきました!!

 

2018年の2月にオーストラリアアワーホリをスタートして、3ヶ月が経過したところのMさん。

笑顔が素敵な24歳です!!

Mさん

大学2年生のときに、1ヶ月だけオーストラリアのメルボルンに語学留学していました。とても楽しかったので、また行きたい!とずっと思っていて、今回ワーホリにチャレンジすることにしました。

 

Mさんのワーホリスケジュール

今回のワーホリはどんなスケジュールの予定ですか?

Mさん

最初の2ヶ月、メルボルンで語学学校とホームステイの予定だったんですが、両方とも3ヶ月に延長しました。

運良くホストファミリーに恵まれたので、お金はかかるけどそれ以上にいい経験が出来ました!その3ヶ月間は仕事はせず、節約生活をしていました。

 

今は、1週間観光をしながら、いちごファームに向かっています。セカンドワーホリ(政府指定の地域で季節労働を88日以上すると、ワーホリを1年延長できる、オーストラリアならではの制度)をするために、これからしばらくフルーツピッキングのお仕事をする予定です。

 

海外に行こうと思ったきっかけは?

そもそも海外に興味を持ったきっかけって何だったんですか?

Mさん

洋楽が好きだったことがきっかけかな?英語が話せることに憧れがありました。

 

では、今回どうしてワーホリに行こうと思ったんですか?

Mさん

1回は海外で暮らしてみたいっていう思いがあったし、オリンピックなどに向けて英語が話せることの需要はあるだろうなと思って、長期で海外に行くことを考えました。

留学と違って、ワーホリだったら、働く体験も出来るし、学校もいっぱい行く気もなかったので、遊びつつ海外暮らしができる、いいとこどりなところがいいなと思ってワーホリにしました!

 

大学時代には叶わなかった、長期海外暮らし

Mさん

英語が喋れれば仕事の幅も広がるので、就活前に休学して海外に行きたいと思っていました。

そのときは、トビタテ留学JAPANという制度で、奨学金をもらって行こうと考えていたのですが、そうした制度を使うとプレッシャーになってしまう気がしてなかなか決めきれず。

その間の就活も中途半端になってしまって、奨学金を使わずに海外に行くお金もなかったので、結局就活を選びました

海外に行くお金を貯めるために、就職したんですね!

Mさん

会社の人には悪いけど、そうです笑

仕事も楽しかったけど、海外に行くことが目標だったので、お金を貯めて、2年経つ前に辞めました。

 

海外に行くことへの不安はなかった?楽しみだったことは?

Mさん

不安なことはなかったですね。

(強すぎる…!!私なんて9割不安だったわ…)

では、行く前に楽しみだったことはなんでしたか?

Mさん

なんだろう、やっぱり恋愛ですかね…!

おお…!!やっぱり、ワーホリは出会いの宝庫ですしね。笑

Mさん

あとは、海外での生活そのものが楽しみでした!

 

価値観や習慣など、変化したところは?

実際にオーストラリアに行ってみて、Mさん自身が変わったところはありますか?

Mさん

変わったところはたくさんあります。価値観も変わりました。

大らかな人々に触れて、寛容になろうって思うようになりました例えば初対面の人に、普通だったら国籍とか年齢とか、まずそういうところを聞いてしまうじゃないですか(日本は敬語文化だからっていうのもあるけど)。ここではそんなことは気にしない。

Mさん

あとは、フルーツが好きになりました。りんご丸かじりとか普通にする。楽だし、安いし。笑

私もニュージーランドでお金なかったとき、りんご丸かじりして空腹をしのいでました…!めっちゃわかる!!笑

 

日本と違うところや、びっくりしたことは?

Mさん

電車で、つり革がなくて、つかむところがなくて不安定になる笑

あと、ゴミ箱とトイレが多い……だめだ、しょうもないことしか出てこない笑

普段いっぱい思うのに、いざ聞かれると出てこないですよね笑

Mさん

あ、日本の知名度が高いこと!どこに行っても寿司屋さんがあるし、「日本人です」って言ったら「日本好き!」「日本行ってみたいんだ!」って言ってもらえることが多いです。

そういうのを聞くと、ああ、いい国に住んでるんだな〜って、改めて日本の良さを知ることが出来ました。

Mさん

それから、多国籍国家、多文化社会なので、自分がアジア人っていうことをあまり気にしなくなりました。日本人だからとか、肌の色とか、そういうのではなくて、人それぞれだなって。

国ごととに分けたりするんじゃなくて、同じ国籍でも性格は人それぞれだし、個人個人をみれるようになりました。

よくある「この国の人はこういう性格」というレッテルではなく、ひとりひとり別の人間として接することが出来るようになったんですね。日本にいてはなかなか身に着けられない感覚かもしれない…!

 

ワーホリ中の目標や、心がけていることは?

Mさん

心がけていることは、お店に行った時は、店員さんと出来るだけ会話をするようにしています。

「How are you?」と聞かれて、応えて終わりじゃなくて、「今日はここに行ってきたんだ」とか、話を続けるようにしています。

今はもう語学学校を卒業して機会が少なくなってしまっているので、そういうところで英語を話す機会を作るようにしています。

Mさん

英語日記も書いています。初めは3行とかだったけど、だんだん書くことも増えてきて、いっぱいになってきました。携帯に残してあります。

私もちゃんと日記書いて残しておけばよかったと後悔…

 

これからの目標は?

Mさん

まずはファームに行って、お金を貯めつつセカンドワーホリの権利をゲットすること。

そのあとメルボルンに戻って、学校のバリスタのコースに通って、カフェパン屋さんでバイトしたいなって思っています。

Mさん

小学生のときからパン屋さんになりたいって思っていて。バイトとかでも、どこかでなれたらな〜って思ってたんです。

働いてみたいカフェパン屋さんがあるので、そこで働くことが今の目標です!

 

ワーホリ終了後もそのままオーストラリアに残ろうって考えてますか?

Mさん

そのときの状況によります。フランスワーホリにも興味があって、フランスで勉強しながらパン屋さんで働けたらかっこいいな〜なんて思ったり。

夢が広がりますね〜〜!!!可能性がたくさん!

日本に帰りたいとは思わないですか?

Mさん

全然思わないです。日本の友達と、トイレとお風呂と納豆は恋しいです。笑

 

就活前にワーホリをする人が増えている!

Mさん

最近、就活前にワーホリに来る子がすごく多いです。就活に向けて1年間頑張らなきゃ…!と焦っている子もいるけれど、なんというか、ひとりじゃないよ!みんないるよ!笑

就活のためっていう目的でワーホリをする人もいるんですね!びっくり!

Mさん

たくさんいます。ワーホリ生活で考えが変わって、就活に良い影響を与えるかもしれないし。大事ですね。

私なんてワーホリ行って価値観変わりすぎて、就活やめちゃいました

Mさん

それもありだと思う!笑

 

海外へ行くことを躊躇っている人に向けてメッセージ

海外やワーホリに興味があるけど、なかなか勇気が出なくて一歩踏み出せないという子から相談を受けることがよくあります。

そんな子たちに向けて、メッセージをお願いします!

Mさん

私じゃなくて人が言ってたことなんですけど笑、例えば、一度「もし留学やワーホリをしなかったら」ということを考えてみると、「行かなきゃ!」って気持ちになれるみたいで。

「留学をしないで就職したら」「留学をしないで結婚したら」、きっと後悔するなあって思うはずです。ちょっとでも海外に行くことを考えている人は。なので、一回そんな風に想像してみてほしいです。

私の座右の銘は、「やらずに後悔するよりやって後悔」

めっちゃわかります。「今行かなかったら後悔するな」って思いが原動力になりますよね。

Mさん

学生だったら、お金がないとかもあると思うけど、お金なくても来てる人はいるし、大丈夫です。ホステル泊まって情報得て、その情報を元にお金稼いだりとか…。

私の高校の後輩は、お金なくてもワーホリに来ていました。最初の1週間はバックパッカーに泊まって、その間に仕事探しをして、英語の勉強は教会で無料で受けられるものを受けて。そのうち家も仕事も見つかって、Meetupなどを使ってLanguage Exchangeに積極的に参加したりしてました。

自分の足で積極的に動けば、お金がなくてもやっていける道はあるので、お金がない子も、親にも相談したりしてみて、ぜひ頑張ってください。

「お金がないから」という理由で諦める必要はないですね!

Meetupは私も使ってました!おかげで学校以外の場所にたくさん友達が出来たし、英語力上達にもおすすめ!

 

Mさん

しょうもないことばっかり言ってた気がする。笑

誰かの勇気になれたかな…?ぜひ頑張ってください!

Mさんのこれからもすごく楽しみ!インタビュー楽しかったです!ありがとうございました!

 

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 

 

ワーホリや留学体験者に、聞いてみたい質問募集中!

初めてのインタビュー企画でしたがこれからも、海外で様々な経験をしてきた人たちにインタビューをしていこうと思っています!

こんなこと聞いてみたい!これが知りたい!というリクエストは随時受け付けております!

  • ブログのコメント欄(承認しないと表示されないので、表示まで少しお時間かかります)
  • ブログのお問い合わせフォーム
  • もえなつのTwitter@moenatsu79へ、リプライやDM

上記まで、お気軽にご連絡くださいね。お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です