【本当に効果のある英会話上達法5選】ひどい英語力だった私でも1年でTOEIC445点アップ!

【本当に効果のある英会話上達法5選】ひどい英語力だった私でも1年でTOEIC445点アップ!
Sponsored Link


ニュージーランドワーホリに行く前の私の英語力は、それはそれはひどいものでした。
周りからも、「お前、そんな英語力でよく海外行こうと思ったな」と言われるくらい。

 

そんな私でしたが、ニュージーランドへ行ってから半年もした頃には、たったひとりでバックパッカーを渡り歩き、家探し、引っ越し、仕事の面接まで、すべて英語で出来るようになっていました。

 

1年後、帰国してから受けたTOEICは320点から445点アップの765点!!
もちろんTOEICの点数がすべてではないですが、英語で楽しくお喋り出来る程度、生活するのに困らない程度の英語力は身につきました。

 

そこで今回は、ひどい英語力だった私が実際にやってみて、効果があったと感じる英会話上達法をご紹介します!

 

海外に行けば英語喋れるようになると思ったら大間違い

まず大前提として、「海外に1年も行ったら英語ペラペラになる」と思っているそこのあなた。

そんなわけありません!!(どーん)

 

事実私もそんなことを思っていたひとりですが、ニュージーランドに行ってからそんな甘くない現実を悟りました。
1年近く語学学校に通っていたり、10年近く海外に住んでいたり、長期で海外にいても全然英語が話せない人にたくさん会ったのです。

 

英語環境に身をおくだけで自然と話せるようになるのは5歳くらいまで(正確な年齢はわかりません)であって、もう大人になってしまったらそう簡単にはいきません。

 

単語を知っていて、文法を理解していて、さらに文章を組み立てる練習をすることによって、話せるようになります。
もちろん相槌やスラングなどはまた別ですが、勉強して練習しないと出来ないことに変わりありません。

 

そう考えると、日本にいても英語力を伸ばすことは十分可能です。
ただ、日本ではどうしても英語を使う機会が圧倒的に少ないので、よほど意思が強く自身で勉強できる人でないと難しいかも。

 

海外に行けば、英語を使う機会はそこらじゅうに転がっていますし、生の英語に触れることでよりネイティブに近い英語を吸収することができます。
そういった意味で、海外で英語を勉強することを個人的には激推ししています。

 

英会話上達法①文法書の例文丸暗記

いきなりThe☆勉強っぽいものを出してしまいました…が、これは本当に効果があったと感じます!

 

たとえば、「机の上に本が一冊ある。」
これを一瞬で英文に出来ますか?

 

いくつか言い方はありますが、「There is a book on the desk.」という文が咄嗟に出るでしょうか。

 

では、この「There is a book on the desk.」という例文を丸暗記してしまいましょう!
ここでいう丸暗記とは、日本語を見たときに一瞬で英文を作れるようになるまで覚えることをいいます。
合わせて否定文と疑問文の例文も丸暗記しましょう。

 

文章を丸々覚えることで、会話の中で咄嗟にきれいな文章のまま発することが出来ます。
ひとつの例文さえ覚えてしまえば、あとは単語を入れ替えるだけなので簡単です。

 

これを、会話でよく使う基礎的な文法すべてでやりましょう!
一文あたり80回くらい繰り返し発声すれば大体覚えられると思います。(人によりますが、それくらいしっかり覚えないと意味がないということです)

 

これは、英文を咄嗟に組み立てる訓練が出来ていない日本人にはとてもいい方法だと思います。
多くのテンプレートを自分の中に蓄積しておいて、会話のときはそのテンプレートの中の単語を入れ替えて話すだけ。
しっかり頭の中に入れておけば、基本的な英文は問題なくスラスラと喋れるようになります。

 

英会話上達法②辞書は使わない

続いてはなんとも勉強させる気のない…と思いましたか??
アカデミックな英語の勉強には辞書は必要かもしれません(新聞や論文を読む際など) 。でも、英会話には辞書は不要です!

 

なぜなら、辞書に出てくる表現は、ネイティブは使わない事が多いからです。
たとえば日常でよく聞くフレーズ、「めんどくさい」「なつかしい」…こうしたフレーズを、辞書でひくと堅苦しい表現しか出てきません。英会話では使えない。

 

そこで参考になるのはyoutubeやブログです。
今は多くのバイリンガルの方などが、英語フレーズの紹介などをしてくれています。

 

「これって英語で何ていうんだろう?」と思ったら、辞書を引くのではなく、グーグルで検索!!
[めんどくさい 英語で]こんな感じで検索しましょう。

中には辞書的な表現を紹介しているサイトも多くありますが、出来るだけネイティブの方のサイトや動画を選びましょう!

 

英会話上達法③英語で妄想する

不純ですか…いえ、そんなことありません。大いに妄想してください。
普段歩いているときや電車に乗っているとき、洗い物をしているときなど、ひとりでぼんやりと考え事をしているとき。
頭の中の言語を英語に変えてください!これだけ。

 

最初は難しくて続かないかもしれません。それでも、英語でペラペラと会話しているかっこいい自分を想像して、続けてみてください。自然と頭の中が英語まみれになって、人にぶつかったとき咄嗟に「Sorry!」と言ってしまいそうになります。(いっその事言ってしまいましょう)

 

本来は口にだすことが一番効果的ですがさすがに恥ずかしさが勝ると思うので(そんなことないよという方はぜひとも英語で独り言を言い続けてください!!続けていればすぐに話せるようになりますよ。)、頭の中だけでも英語にしましょう。

 

英会話上達法④英語日記をつける

私は結局三日坊主で終わってしまいましたが、本当に効果があると感じますし、思い出を残すためにもやっておけばよかったと後悔しています。

 

英語で書くことが出来ない文章は、英語で話すことは出来ません。
なぜなら会話の方がスピードが圧倒的に速いから。

 

逆に言えば、一度文章にしてみた英文は、会話の中で簡単に引き出すことが出来ます。
友達と、「昨日なにしてた?」なんて話になったときに、日記に書いていれば咄嗟に答えることが出来ますよね。

 

TwitterやInstagramなど、SNSに日々の記録を英語で残すのはとても良いと思います!

 

英会話上達法⑤わからない事はすぐ調べる、聞く

英会話上達への道はこの繰り返しだと思っています。

 

日々の生活の中で、「あれ、これ英語でなんて言ったらいいんだろう?」という疑問はすぐに調べましょう。
もしくはその場にネイティブスピーカーがいたら聞く。
もしくはメモをしておいて、出来るだけその日のうちに解決する。

 

これを繰り返すことによって、「前は言えなかったけど今は言える」そんな表現が増えていきます。

そして覚えた表現は、出来るだけすぐ使ってみる!
会話の中でさりげなく使ったり、日記に書いてみたりしましょう。
そうすることで記憶も定着して、その後も忘れずに使える表現になっていきます。

 

もちろん、辞書ではなくグーグル検索がおすすめです!

 

英語学習方法は無限にある

今回は、ひどい英語力だった私が、実際にやってみて効果があったものだけをご紹介しました!

今回紹介した5つの方法を使う前提として、基礎的な単語や文法(中学英語レベル)の勉強は机に向かってカリカリやりました…。
最近はブログやYoutube、メルマガなど、無料で英語を勉強できる環境も多くありますので、ぜひ活用してみてくださいね!

 

洋楽や洋画を使った方法や、実際の英会話を通してなど、英会話を上達させる方法はたくさんありますので、ぜひご自身に合った方法を模索してみてください!

みなさんオススメの英語勉強法もぜひ教えていただきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です