英語力を伸ばすためには、大学留学?語学留学?ワーホリ?英語力の伸びは期待できなくても、私はワーホリをおすすめする。

英語力を伸ばすには、大学留学?語学留学?ワーホリ?
Sponsored Link

「英語が話せるようになりたい!」と思っている方は多いはず。

 

では、「英語を学ぶため」に海外に行く手段として主にあげられるものが3つあります。

  • 現地の大学(高校)に留学
  • 現地の語学学校に留学
  • ワーキングホリデーで語学留学や現地で仕事をする

 

実際は他にもたくさん方法はありますが、今回はこの3つを「英語力を伸ばす」という観点で比べてみたいと思います!

 

「英語力を伸ばす」のに効果的なのは、

大学留学 ≧ 語学留学 > ワーホリ

だと思います。※主観

 

というのも、自由度が低い順に並べると

大学留学 > 語学留学 > ワーホリ

になるからです。


自由度が低いほど英語力は伸びやすい

英語を話せるようになりたいなら、日本にいても出来ます。

ただ、英語を使う機会のほとんどない日本にいては、自分をしっかり律せる人でないと難しいでしょう。

 

「英語を使わざるを得ない状況に行かないと、英語学ぶ気が起きない」という人がほとんどではないでしょうか。私もです。わかる。

ということはつまり、「英語を使わざるを得ない状況が多いほど、英語は身につきやすい」とも言えます。

 

英語を勉強せざるを得ない状況に追い込む方法

こうした状況に追い込むのに一番適した方法が、大学(もしくは専門学校)留学です。

めちゃくちゃきつい。かなり勉強しないとやっていけないと思います。

ただ、大学留学は「英語を学ぶ」のではなく、「英語で英語以外のことを学ぶ」ので、+αが必要になります。

 

語学留学はまさしく「英語を学ぶ」ためのもの。

しかし、それなりにサボれる。

 

最後がワーホリ。「英語を学ぶ」というより、「海外生活を体験する」くらいの感じかと。

いくらでもサボれる。

 

では、それぞれの項目を詳しくみていきましょう!

追い込みたいなら大学留学

大学(専門学校)留学って?

  • 英語で英語以外のことを学ぶ
  • 現地の大学生と共に学ぶので、ネイティブスピーカーが常に周りにいる環境
  • 日本の大学と違ってめちゃくちゃ勉強必要。課題大量。

※学校や地域によります。

 

かなりしんどいです。毎日毎日勉強しないと授業についていけないと思います。

めちゃくちゃキツイ分、英語力は嫌でも伸びると思います。笑

 

大学留学はこんな人にオススメ

  • 学びたいことがある人
  • ある程度基礎的な英語力がある人(そうでないとキツイかも、卒業できない場合も)
  • 勉強だけでなく積極的に交流も出来る人
  • 英語で文献を読んだりレポートを書いたりする覚悟のある人

 

特定の学びたいことがある人は、現地の専門学校もいいと思います。

また、田舎の学校の方がネイティブスピーカー率は高いです。

 

※留学制度によっても内容や状況は変わるので、確認してみてください。

 

英語だけを学びたいなら語学留学

語学留学(語学学校への留学)って?

  • 英語圏以外の人たちが英語を勉強しに行くのが語学学校
  • 英語勉強に特化しているので基礎的な英語力は身につきやすい
  • しかし普段一緒に過ごしているのはネイティブスピーカーではない人たち
  • 間違った英語が飛び交う空間
  • ネイティブスピーカーは先生のみ
  • 同じ国出身の生徒たちで集まる傾向あり

 

語学学校で英語力を伸ばすためには

  • 日本人ばかりとつるまず、出来れば日本人とも英語で話す
  • 課題はキツくない分、予習復習など自習をしっかりする
  • 授業中も積極的に発言し、先生にも質問しまくる
  • ネイティブと話す機会は学校外で自ら作ろう

 

大学と違って少しゆるいので、いかに自分で勉強できるかにかかってきます。

母国語を話すことを禁止するEnglish only policy の学校もあるので、自分で自分を律するのが難しい人はそういう学校を選びましょう。

 

語学学校は3ヶ月で充分

補足ですが、3ヶ月以上も語学学校に通うのはおすすめしないです。確実に飽きます

私も半年通いましたし、1年以上通っている友だちも多々いましたが、もれなく全員モチベーションが続きませんでした

 

というのも、語学学校の授業内容はクラスや先生が変わるとはいえ基本的に似通ったものが多く、飽きやすいです。

1年間も語学学校に通ったのに、そんなに英語が話せないという人もたくさんいます。

英語学習にやる気を失ってしまっては上達は見込めないので、環境を変える努力が必要です。

 

学校によっては様々なコース(ビジネスコース、IELTSなどの資格コース、パイロットコース、バリスタコースなど)があるところもあるので、コースを変えたり学校自体を変えるなら、3ヶ月以上通ってもいいかもしれません。

 

ワーホリに英語力向上を期待するでない

はい。ワーホリで英語力が劇的に伸びた人、あまり会ったことありません。

 

なぜワーホリで英語力は伸びないのか

  • 現地の人と接する機会が少ない
  • 多くの人は日本食レストランなどの職しか見つけられない
  • そうなると英語より日本語を話すことの方が多い
  • 現地のお客さんに英語で接客したとしても、限られた接客用語しか使えるようにならない

 

ワーホリでも英語力が伸びる人

  • ネイティブと接する機会を積極的に作り出せる人(▶具体的な方法は別記事で紹介!)
  • 外国人の恋人をゲットした人
  • 田舎などの日本人がほとんどいない環境に行ける人
  • 元々英語力がそれなりにあったり、バリスタなどのスキルを持っていたりして、英語環境の仕事に就ける人

 

英語力もスキルもない人は、ワーホリに行って仕事を探そうにも、日本語を使わない仕事を得るのはかなり難しい(運やタイミング次第ではあり得る)と思っていいです。

 

ただ、そんな中でも完全英語環境の仕事をゲットした友人が何人かいますので、近々インタビューして紹介したいなと思います!

とある韓国人の友人は、ニュージーランドの日本食レストランで働くことで英語のみならず日本語もマスターしていました。おそろしい努力です。笑

 

また、田舎に行けば状況はまた違うので、どうしても英語環境に身を置きたい人は田舎へ行くことをおすすめします。



ワーホリで得られることは英語力以上のもの

それでも私はワーホリをおすすめします!!

 

…散々言っといてなんやねん!って思われたかもしれません。

しかし、ワーホリでも、英語力は自分の努力次第で充分伸ばせます。

私自身は1年間のニュージーランドワーホリで、TOEIC445点もアップしました(元が低かったというのもありますが…笑)。

 

学校が生活の基本となる大学留学や語学留学と違って、ワーホリはお仕事や、それ以外にも様々な経験を積むことが出来ます。

 

結局は自分次第。海外に行っただけで英語が出来るようになると思ったら大間違い

どの方法を選んでも、結局は自分次第です。努力すれば伸びますし、サボれば伸びません。

やる気さえあれば海外に行かなくても英語力は充分伸ばせます。

 

海外に行く目的は「英語力向上」だけではないと思います。ぜひ皆さんの目的に合わせて選んでみてください。

下記はほんの一例ですが、

  • 学びたいことがある、厳しい環境に自分を追い込みたいなら大学留学
  • 英語の基礎力をつけて世界中に友達を増やしたいなら語学留学
  • もっといろいろな経験をしたいならワーホリ

…など。

 

自分自身をしっかり律せる人であれば、英語力アップも留学経験も海外就職も全部体験できるワーホリを私は断然おすすめします!!

 

それぞれの経験者のインタビュー記事もこれから作っていこうと思っているので、ぜひそちらも参考にしてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です