【ワーホリ準備】実体験を元に持ち物リストを紹介!海外長期滞在編

【ワーホリ準備】実体験を元に持ち物リストを紹介!ニュージーランド長期滞在編
Sponsored Link

いよいよ海外へ出発する日が近づいてきた!
でも、未だにスーツケースは空っぽ…。何から入れたらいいのかわからない。

 

そんなこともあろうかと、自分への備忘録もかねて、海外へ行くときの持ち物リストを作ってみました!

私がニュージーランドに1年行ったときの持ち物を参考にするので、【長期】で【英語圏の先進国】に行く場合を仮定した持ち物リストとなります。(短期編や、途上国編はまた後日!)

 

衣服

必要なもの

  • サンダル

サンダル必須ですね!ビーチなどに行くだけでなく、家の中でも使います。

  • コート、ジャケット

現地でも買えますが、現地で買うと高いし、お気に入りのものが見つかるとは限らないので、日本から持っていくのがおすすめ。
ただ、荷物になるので、現地で買えばいいや〜!という方は持ってかなくて大丈夫かも。

  • Tシャツ

普段着にもパジャマにも。現地でも買えますが、何枚かあると便利です。

  • ヒートテック

行き先が都会で、ユニクロとかもある場所だったら持ってかなくてもいいですが、軽くてがさばらないので何枚か持っておきましょう!

  • ウィンドブレーカー、長袖パーカー

パーカーは毎日着てました。超便利。肌寒い時やお出かけする時用にウィンドブレーカーがあると便利!

  • ブラジャー

現地で買うとなるとサイズに困るかも。

  • 水着

私は泳げないので持っていきませんでしたが、海で楽しみたい人は必須です!

  • 帽子

ニュージーランドやオーストラリアなど、日差しがとても強いので、場所によっては帽子必須です!普段は使わなくても、少しお出かけする時に必要になるので、持っておくと安心です。

  • 運動靴

履いていきましょう。日本よりも歩く機会が多いので、動きやすい靴を選びましょう。

  • 圧縮袋

大量の衣服をまとめるのに便利!
それでも現地で服が増えるので、引っ越しの時と帰国の時、スーツケースに入り切らない大量の服と泣く泣くさよならしました…。

 

そこまで必要じゃないもの

  • パンツ

こだわりがなければ、現地で安く買えます(笑)
もちろん最初の数日分は持っていってくださいね。

  • 靴下

パンツと同じ。寒い地域や冬用の、もこもこソックスは持っていった方がいいかも!

  • おしゃれ着

都会であれば、現地でも買える。というのも理由のひとつですが、もうひとつの大きな理由は、海外では、日本のように日々おしゃれな服を着て生活している人はほとんどいないからです。
語学学校などに、毎日おしゃれな服を着て行くとまあまあ浮きます。
ただ、旅行やパーティに行くとき用に何着かは持っておくと安心ですね!

 

日用品

必要なもの

  • 爪切り

これは盲点ですが、日本の爪切りってすごいんです。切った爪が吹っ飛んでいかないなんて!
ニュージーランドのホストファミリーは、庭で爪を切るのが普通だったので、私が部屋で爪を切っていたら驚いていました。
日本の爪切りは高性能なので、お土産としても喜ばれるそうですよ!

  • 日焼け止め

これは必須です!現地では手に入りにくいので、多めに持っておくと安心です。

  • 化粧品

現地で買うと肌に合わないなどのトラブルも多いので、普段から使っているものを持っていくようにしましょう。

  • 眼鏡、コンタクト用品、目薬

これも必須ですね!忘れずに持っていきましょう。
私はワンデイの使い捨てコンタクトを使っているのですが、1年分はさすがにスーツケースに入り切らなかったので、半年分だけ持って行って、残りの半年分は日本から送ってもらいました。

  • ヘアーアイロン

使う方はぜひ持っていきましょう。海外対応で、小さめのものだと嬉しいですね。

  • 水筒、タンブラー

現地でも買えますが、個人的に持っていって便利だったなって思います。
学校に行くときや出かける時に水筒で飲み物を持っていけば節約にもなるのでおすすめです。

  • マスク(飛行機用)

飛行機に乗る時は乾燥対策に必須です。
ただ、現地で普段生活する際には基本的に不要。マスクをしていると重病人だと勘違いされてしまいます。

  • 洗濯ネット

個人的にかなり重宝しました。洗濯乾燥機を使うことが多いと思いますので、ニット系の衣服やストッキング、下着などはネットに入れて洗濯しましょう。
大きめのものをひとつ持っていくだけで充分でした。

ニュージーランドのオークランドにはダイソーもあるので現地調達可能でしたが、日本の3倍の値段がします…。スーツケースの隙間にねじ込めるので、持っていきましょう。

  • タオル、ポケットティッシュ

現地でも買えるので、少なめに。バスタオルはかさばるし、現地購入で充分です。

  • 小旅行用のバッグ、エコバッグ

スーツケースを使うほどではないけど、少しお出かけするという時に使えるバッグがあると便利です!
エコバッグは買い物のときやちょっとした荷物を運ぶときに便利!

  • 南京錠

これはどっちでもいいですが、私はジムのロッカーで使いました。

  • お箸

ステイ先によってはお箸がないところもあります。フォークやスプーンだとやっぱり食べづらい、なんてこともよくあるので、お守りがわりにひとつ持っておきましょう。
話題作りにも一役買ってくれます。

  • 歯ブラシ

現地でも買えますが、日本のが一番。

  • サングラス

私は結局使いませんでしたが、日差しの強い地域に住んだり旅行に行ったりするなら必須!
目が日焼けで火傷してしまった人もいました…。

  • 折りたたみ傘

現地で傘をさす人はめったに見かけません。なのでいらないと言えばいらないのですが、やっぱり雨の時に欲しくなってもなかなか手に入らないので、カバンに忍ばせておきましょう。

 

そこまで必要じゃないもの

  • ドライヤー

要注意です!!日本のドライヤーをニュージーランドで使ったら、火が出ました(笑)
電圧に耐えられないので、使うとしたら変圧器が必要です。ドライヤーのためにわざわざ変圧器を買うなら、ドライヤーを現地購入することをおすすめします。

  • シャンプーや洗剤類

最初の数日分あれば、あとは現地のスーパーなどで安く買えます。
こだわりがある方は、荷物になりますが頑張って持っていってください。

  • 生理用品

これも現地のスーパーで買えます。プライベートブランド商品ならかなり安いですし、日本のものより大きくてお得でした。

 

電子機器

  • パソコン

持っていくか悩む方が多いですが、私は本当に持っていって良かったです。

理由は2つ。
1つは、学校の課題をやるときに使えるし、仕事を探す際のCV(履歴書)を作成するのにも使えるからです。学校や図書館などでパソコンを使えるところもありますが、使える時間や曜日も限られているので、自分のがあるととても便利です。

2つ目の理由は、暇つぶしになること。
長期で海外に行くと、初めのうちこそいっぱいいっぱいですが、慣れてくると本当に暇です。笑

私の場合、ニュージーランドのテカポというド田舎に住んでいた時、仕事以外の時間がとにかく暇だったので、Youtubeにハマりました。
それでも暇だったので、ずっと気になっていたペンタブを購入して、パソコンを使ってお絵描きをするようになりました。海外滞在中の時間がある時に始めたデジタルイラストは、未だに続けています。

最近は、ワーホリや留学をしながらブログを書いたりYoutubeに投稿する人も多いみたいなので、時間がある時を有効活用するためにも、ぜひパソコンは持っていきましょう!

  • スマホ(SIMフリーだとなお良し)

私は現地でスマホ調達しましたが、日本でSIMフリーのスマホを買ってから行けばよかったと後悔したので、ぜひ持っていくのを推奨します!

  • 充電器

パソコンとスマホ、両方持っていきましょう!
充電器には変圧機能がついているはずなので、変換プラグさえあればそのまま使えます。

  • 変換プラグ

これは必須ですね!コンセントの差込口の形が国によって違うので、必ず確認しましょう。タコ足のプラグだとより便利です。

  • カメラ

最近はスマホでも充分綺麗な写真が撮れますが、良いカメラが欲しかった…!と思う場面が何度もありました。
特に星空の撮影はスマホでは出来ないので、また一眼レフを買ってリベンジに行きたいです。

  • 電池

電池が必要な製品を持っていく場合は、予備にいくつか持っていきましょう!

  • 延長コード

必須ではないですが、あると便利かも。

 

勉強ツール

必要なもの

  • 筆記用具

シャーペンや芯、消しゴムなど。現地でも買えますが、性能があまり良くなかったりしますし、大した荷物にもならないので持っていきましょう。

  • フリクション

こすって消せるペン。必要というよりは、海外では珍しいので、自慢できます。笑
ぜひ学校などで友達に見せてあげてください。

  • クリアファイル

学校ではなにかとプリントが多いので、いくつか持っていきましょう。

  • 英文法の教科書

英会話上達法の記事の中で紹介しましたが、英文法の教科書は英会話上達にも使えるので、個人的には持っていって良かったなあと思いました。
英文法に不安がない方は、もちろん必要ないと思います!教科書がなくてもググれば調べられますしね。

 

どちらでも良いもの

  • 電子辞書

語学学校の授業中に使っていましたが、英会話上達法の記事でも話したように、わからない英語は、辞書よりもスマホ検索した方がいいので、持っていかなくていいと思います。
アカデミックな英語の勉強をする大学留学の場合はあった方がいいかも!英英辞典を使いましょう。

  • 英会話の本

時間があるときに読んで勉強したり、友達との話題作りにも使えますが、今はネット上で勉強できるコンテンツが溢れているので、荷物にもなるし必要ないかなと思います。
逆に、ネット環境の悪い土地に行く場合は、あった方がいいかもしれません。

 

食べ物

  • 味噌汁

定番ですね。海外で飲むお味噌汁って、なんであんなに美味しいんでしょう。
絶対恋しくなる上に海外ではなかなか手に入らないので、インスタントのお味噌汁をスーツケースの隅っこにしのばせましょう。

  • ふりかけ、お茶漬け

こちらも味噌汁同様です。かさばらないのが魅力ですね。

  • 粉末緑茶

こちらも同様。水に溶かせるタイプの粉末状のものなら、荷物にならないしたくさん飲めるのでおすすめです。

  • だしの素

外食はかなり高いので、生活するためには自然と自炊が必須になると思います。
そんなときにだしの素があれば、いつでも日本食の味を再現できて安心!
煮物にもスープにもパスタにも何でも使えるので、ぜひ持っていきましょう。

  • パスタソース(特にたらこ)

トマトソースやクリームソースは現地で美味しいものがたくさん売っていますが、たらこパスタソースは本当に手に入りません。そもそもたらこがありません。
自炊する時にも便利なので、これもスーツケースに忍ばせましょう。

  • ラーメン、うどん、そば、焼きそば

これはスーツケースの容量次第です。私は諦めました。
でも、ものすごく恋しかったです。現地で買うとなると日本で買うときの3〜5倍以上の値段がするので、もう高級食材です。
もちろん生麺を持っていくのはやめましょうね。

  • カレールー

これも恋しくなりますし、そんなにかさばらないしアリなんじゃないかな…と個人的に思います。もし余裕があったらで。

  • 日本のスナック菓子

これも現地で買うと超高い!
お土産としても活躍するので、スーツケースの容量と相談して、ぜひ検討してみてください。

 

日本のお土産

  • 日本のスナック菓子

日本のスーパーで売っている一般的なお菓子でも、やっぱり美味しさは最高クオリティ。ホストファミリーや現地でできた友達に、お土産でプレゼントすると喜ばれます。
小分けに出来るお菓子が多いのも日本ならではの特徴。

  • 日本らしい小物

折り紙や、和柄のレターセットなどは持っていって良かったなと思いました。
折り紙は一緒に作ると盛り上がりますし、日本文化を気軽に紹介するのに最適です。
レターセットは、現地で新しく出会った友達や家族に手紙を書く時に、和柄の便箋で書くとより喜んでもらえます!

巾着袋や扇子、和柄の小物なども、自分で使う用として持っていって、誰かにプレゼントする機会があったら贈り物に早変わりさせることも出来るので、おすすめです。

 

その他

  • パスポート

言うまでもなく。
2枚くらいコピーして持っておくと、万が一のときのために安心です!

  • 航空券

最近はスマホで完結してしまうのであまり問題ないかもしれませんが、私はスマホを持たずに旅立ったので。笑

  • 現金

現地の通貨を用意しておきましょう。数週間生活できる分くらいあると安心です。

  • クレジットカード

海外でも使えるカードが1枚でもあると便利です。
これに関してはいろんなブログでもっと詳しい方が解説してくださっていますが、私のオススメはエポスカードです!
無料で作れるだけでなく、海外保険も無条件でついてくる、さらに作るだけで2000円分以上ポイントが付く(期間限定でもっとポイントが付く場合も)ので、持っていて損はないです。

\エポスカードの詳細は以下のバナーから確認できます/

  • 書類

海外保険やビザ、学校などの書類で、忘れてはいけないものはないか確認しましょう。

  • 国際運転免許証

持っている方は忘れずに!

常備薬や、風邪薬、葛根湯や痛み止めなど。酔いやすい人は酔い止め必須!

  • 思い出の写真や手紙

携帯の中に入れておくのでもいいと思います。
私は、寂しい時に時々見返して、勇気や元気をもらっていました。

 

 

まとめ:困ったら現地でも買える

言ってしまえば、パスポートとお金さえあれば、大体のものは現地で買えます(笑)
ただ、やはり現地で買うと割高ですので、かさばらないものは日本から持っていきましょう!

これは持っていくべき?そんな質問も受け付けていますので、お気軽にどうぞ〜!
思いつき次第加筆していきますので、ぜひまたチェックしてみてください!

2 件のコメント

  • オーストラリアのワーホリのビザが申請した日におりた者です。

    とても役に立ちましためっちゃ参考になりましたありがとうございまああああああああす!!!!!!

    • オーストラリアビザ早すぎてびっくりですね!!!
      そう言っていただき嬉しいいいいいいいです!
      またなにかあったらぜひお気軽に相談してくださいませ!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です